根気強く続けることが大事です

29歳の頃、親友のK子が結婚すると報告され周りの友達が私以外既婚者になってしまいました。三十路手前でさすがに焦って結婚紹介所に話だけでも聞いてみようと電話したら
入会金だけで8万近く言われ、心が折れてしまいました。お金を掛ければ良縁にたどり着けるとは限らないと自己解決し、市町村で行っている日曜結婚相談室という所へ行ってみました。担当は市役所の職員さん(ご高齢に見えたので、定年退職して嘱託職員でしょうか)
一通りのプロフィール作成し、登録完了。あとはiPadで会員さんを閲覧していき、気になる人がいればキープし職員さんにこの人と会ってみたいと希望します。
相手が会っても良いなら市役所から電話が来ますが、相手が会いたくない場合ですと電話じゃ言いずらいのか、後日手紙が郵送されてきます。紙が淡いピンク色だったのでそれが届くと「赤紙」にも見えてしまう恐怖でした。二回ほど赤紙頂いた私は、会うことさえも出来ないのかよ…と落ち込んだこともありました。
その経験も糧にして、会っても良いよと連絡が来たときはハッピーでした。会う場所も土日の市役所の小会議室、職員さんがコーヒーを淹れてくれます。
制限時間は50分でもっと話したいなら10分延長できました、その日は連絡先を交換してはいけないルールで、また会いたい・お付き合いしたいなら市役所に電話するシステムでした。お互いがOKで初めて連絡先をゲットできます。私が良くて市役所に電話しても、相手が駄目ならまた赤紙が届いてしまう大変面倒なシステムでした。
無料だったから根気強く出来ますが、有料だったら諦めちゃいますよね。でも、行政が運営しているからサクラは絶対いないし、結婚に対して真面目な方ばかりでした。
そこでは結局1人の方とお付き合いしましたが、結婚までは至らず中学の同級生と結婚した私。婚活に必死になっていた頃が懐かしい今となっては懐かしいです。おすすめサイト

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です